離婚・男女問題

離婚するときにきちんと決めておかないといけないことがありますが、相手のいいなりになっていると損をしてしまうかもしれません。
離婚を考えたら、まずは弁護士に相談して下さい。
夫が不倫、妻が不倫しているのでどうにかしたい!とお考えの方もご相談に応じます。
 

※料金表の金額はすべて税込みです。

着手金・手数料等成功報酬
離婚協議書誓約書等
契約書の
作成
55,000円〜11万円
相手方との交渉は含みません
公正証書を作成する場合でも料金は異なりませんが、公証人への手数料が別途かかります
不要です
      
離婚交渉11万円
(相手方との交渉をいたします)
経済的利益の10%
経済的利益とは、慰謝料、財産分与、婚姻費用(最大1年)、養育費(最大1年)となります
相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります
その他交渉165,000円
(不貞行為など離婚には至らない男女問題の交渉です)
経済的利益の10%
経済的利益とは、慰謝料等により得られたものです
相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります
離婚調停22万円
(交渉からご依頼いただいている方は、10万円となります)
経済的利益の10%
経済的利益とは、慰謝料、財産分与、婚姻費用(最大1年)、養育費(最大1年)となります
相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります
その他調停(婚姻費用財産分与・年金分割等)165,000円
(離婚調停と一緒に婚姻費用分割請求調停を申立る場合、5万円の追加となります)  
経済的利益の10%           
経済的利益とは、慰謝料等により得られたものです。
相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります。      
離婚訴訟33万円
※交渉、調停からご依頼頂いている場合、15万円の追加でお受け致します
経済的利益の10%
経済的利益とは、慰謝料、財産分与、婚姻費用(最大1年)、養育費(最大1年)となります。相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります
その他訴訟33万円
※交渉、調停からご依頼頂いている場合、それぞれ15万円の追加でお受け致します
経済的利益の10%
経済的利益とは、慰謝料等により得られたものです。相手方から請求されている方の場合、請求金額から減額された金額となります

※出張、出廷が必要な場合、日当(11,000円/1日)がかかります。その他、実費(切手代、  申立て費用等)がかかります。金額は全て税抜きです。